低~い柵

同じ敷地内の別棟にあるマックスのB&Bからの帰り、階段を降りると、、、やっぱりちょっと怖い階段の踊り場です。柵が低いですよねえ、鉄格子の間も広いですし。何故もう少し高い柵にしなかったんでしょう?ここは日本でいう5階に当たります。
2階まで降りると、さらに低い柵が、、。2階だって落ちたら大変なのに。あまり細かい事を気にしないワタシでも、あの5階の柵に寄りかかる気にはならないです、、。なんだか錆びてて耐久性も怪しい。マックスはどう思っているのか、今度聞いてみようと思います!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1579 CIMG1580 CIMG1581

ジュゼッペ参上!

昨日は久しぶりにジュゼッペが来ました!いくつかの修繕を頼んだ他にも、彼の仕事とは言えない雑用、頼み事も引き受けてくれ、私一人でしていたら時間がかかっただろうと思われる事等が一気に片付きました!
先日まで来ていた母が、ジュゼッペにお土産を持って来てくれていたので渡しました。開けて見ると招き猫模様の布。珍しいのか喜んで「おお、中国からか」「、、、、、日本よ」。私たち知り合って一年以上経つのに、基本的な事が分かり合っていなかったようです、、。
来週も修理の続きで来るので、後ろ姿くらい写真に撮らせてもらって、ここに載せたいなあ、と秘かに思っています。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1572

お掃除の強い味方!

お掃除の強い味方、また発見しました!と言っても漂白剤ですが、、きっと主婦の方やお掃除好きの方は当たり前のように知っていらっしゃるんでしょうけれど。今までカビ取り用に「強力!漂白効果」と書かれた洗剤を使っていましたが、それでも落ちないところがありました。先日まで滞在していた母が「漂白剤そのものをかけたら落ちるわよ」と教えてくれたので「漂白剤」とだけ書かれた物を購入。落ちます落ちます!漂白剤をかけてちょっと時間をおくことが秘訣なんですね!
こちらではカルキも溜まりやすいのですが、これもカルキ除去洗剤をかけて時間をおくと、より効果があることが分かりました。
掃除して目に見える効果があると嬉しいですよね。
ちょうどオフシーズンに入りかけてる今、細かいところのお掃除を始めるつもりです!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.conCIMG1571

イタリアトイレ珍事情

先日素敵なcivita bagnoregio に行き満喫したわけですが、行きの2か所のトイレでは珍体験がありました。母ですが、、、写真の通り、電車の中では駅で買ったパニーノを食べ、けっこう快適な座席に満足してゆったりしていたのです。ところがお手洗いから戻ってきた母が、自分でおなかを抱えて笑いながら話してくれたところによると、、、トイレは例によって便座がなかったので、ティッシュで拭いてから座ろうと思っていたところ、多分電車がトンネルにでも入ったのか、風が便器の中から逆流してきて、中に詰まっていたティッシュや液体(、、、)がパーっと飛び散り、、
あとは詳しく説明しませんが「帰ったら着てるもの全部洗濯しなきゃ、、」とつぶやいていました。車内は快適なのに、トイレが残念な構造のようで、「きっと予算がそこまでまわらなかったんだね」と結論付けておきました。
そしてorvieto駅に着いて今度は駅のトイレに。なにしろ旅の時はトイレがある所では取りあえず行っておく、というのが私たちのスタイルです。ここは50セントのコインを入れる自動トイレでした。初めて見るので、よく分からないなりに母は入室。しばらくしてドアが開き「どうやって流すのかしら?」と聞くので、私も入って二人であちこちボタンを押していると、ドアが開いたり閉まったりしている最中に、便器が動いて壁の中に収納され始め、それと同時に床に水が流れ始め、壁の中では便座が洗われているような音がしました。どうやら人が出て行ってドアが閉まった後、便器や床の洗浄が行われるようです。一回ごとに洗浄されるのは綺麗と言えますが、分かりにくいですよ!実際、私たちの後に入ったアメリカ人の女性は、ズボンを下ろそうとしているところでドアが開き、なんとか再チャレンジしましたが、トイレの中からは驚きの悲鳴が聞こえ続けていました、、。凄すぎです、イタリアのトイレ。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

もっと見る

 CIMG1524 CIMG1527

ローマからの日帰り旅行2

行けました!行ってきました、civita bagnoreggioに。
朝、滞在中のお客様に(心の中でもみ手しながら)「今日は
母と13時の電車に乗るので、、」とお願いすると「じゃあ、12時前には出かけるから」とおしゃってくださいました。
駅でパニーノを買いゆったりと快速電車に乗り、、。
丘の上の町に向かう橋は、最後がけっこうな上り坂でしたが、景色を楽しんで写真を撮りまくったりしながらで、まったく苦になりませんでした。帰りの電車の時間のこともあって、町自体には1時間ほどの滞在でしたが、十分楽しんで満喫出来ました!
「余談」行きの電車の中のトイレと、orvieto駅のトイレで母が珍体験をしましたが、それは後日お話します、、!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com
CIMG1532 CIMG1553 CIMG1557

新窓ふき考案!

母考案の「窓枠に乗らないで窓ふきする方法」を実行しました!
なにしろcarlo alberto houseの窓は大きくて高いので、窓ふきする時はいつも脚立を出したり、窓枠に乗ってしていたのです。
フェイスブックでそれを見た母が「足がすくみそうだ」と怖がり「危ないからやめなさい」と言って編み出したのがこの写真のやり方です。棒の先は短くて硬いブラシになっていて、普通はこれで雑巾を押さえながら床を拭きます。それを見た母が「これは窓ふきにも使える!」と思いついたのです。
今朝さっそく幾つかの窓を拭きました!とっても簡単。これからは気軽に「今日は窓ふき~」出来ます!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1520

ローマ日帰り旅行!

「日帰り出来て海が見れるところ」という母の希望に沿って、
ローマから電車で一時間ちょっとの所にあるsperlongaという海沿いの街に行って来ました。行き方と街の写真をネットでちょっと検索しただけなので、どんな感じの所なのかちょっとドキドキでしたが、、、、予想を超える海の水の綺麗さにびっくり、そして海だけではなくて、坂道を上っていく旧市街とそこからの景色、美味しい海の幸、とこれ以上望めない良い旅行となりました。
もう11月ですが暖かい日でしたので、海の水に素足を浸し「今年初の海」。短パン持ってくればよかったなあ、と思いましたが、
「また来ればいいんだ」と思うと嬉しくなります。ちょっと2、3時間の滞在と思っていましたが、つい海辺でのんびりしてしまいました。ここは絶対にお客様にお薦めしようと思います!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1462 CIMG1472 CIMG1491 CIMG1490 CIMG1485