餃子作りに挑戦

昨日初めて餃子を作りました。テキトウ料理人の私にしてはと~っても上手に作れたと、自画自賛。帰宅して驚いた夫のジャンニは「こんなの作れるのに、今まで一回も作らなかったんだ、、」と褒めているのか呆れているのか、よく分からない感想を漏らしていました。
、、、肝心のお味ですが「今度は中身は僕が作るから、包むのだけやってくれ」と言われ、うーん、確かに味が薄くてニラや葱の匂いばかりが鼻について、「ジューシーな餃子」レシピ通りには出来てないかも、、。
でも、だからと言って「今度はトマトソースで」食べようとしているジャン二もどうかと思います。
ローマは今現在15時です。日本ではそろそろ年明けに近付いている頃ですね。2016年が、皆様にとっても良いお年となるように、お祈り申し上げます!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1633

ローマで剣道

剣道の稽古着だそうです。滞在中の日本のお客様(母娘さん)が昨日、ローマに居るご友人の道場で借りてお稽古をしてきたそうです!海外でも「空手」や「柔道」は聞きますが、剣道の道場もあるんですねえ。ローマに旅行で来て、お友達の道場で剣道のお稽古。カナダに旅行された時にも現地にお友達がいらしたようなので、きっと剣道の繋がりなのかもしれません。世界各地にある剣道の道場でお稽古、なんていうのも素敵ですよね。旅行で非日常を楽しみつつも、お稽古で気持ちがキリっと引き締まる、そんな風に想像しました。
それにしても、お客様が持っていらした長い棒状の包みを思い出して「ああ、あれは剣道の棒だったんですね!」と言って
「そうです、竹刀です。」とやんわり訂正されたワタシ。後で
自分でも「棒」はないでしょ、棒は、、と恥ずかしく思いました!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1631

我が家のオーブン料理

です。
にんにく、塩コショウ、ローズマリーで味付けてオーブンで焼くだけ、、、と簡単ですが、うちのボロオーブン(ボロボロオーブン?)で焼くので、常に監視が必要です(笑い)。なにしろ温度調節なんてしゃれた事(?)は出来ないので、、。
もうすぐクリスマスですね!皆さんはどんなお食事予定ですか?
イタリア(あるいはカソリックの国?)では、24日は魚介類
を食べ、25日は子羊肉を食べるのが伝統だそうです。

carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1623

パパ フランチェスコ

テルミニ駅のすぐ近くにあった、路上生活者のための簡易宿泊所カリタスがリニューアルされてオープンしました。パパ フランチェスコが来て祝福のセレモニー(ミサ)が行われているのをテレビで見ました。招待されたのはこのカリタスの職員やボランティアの人達関係者のみ。パパの希望で政治家等の直接には関係ない人たちは無しの質素なミサでした。パパがヴァチカンから出かける時は必ずと言っていいほど取材のヘリコプターも飛ぶのですが、今回はそんな音も聞こえず、きっとパパが近くでミサを行っているなんて気が付かなかった人たちもいたと思います。
パリのテロ事件の後、ヴァチカンやその他の主要な教会の警備が
厳重になっているようですが、法皇であるパパ フランチェスコはそういう状況とは別に、地道に活動を続けているのを見てちょっと感動しました。風邪をひいているようで、ミサの途中
咳が出たり洟をかんだりしているのを見て「お大事に、、」と心の中でご挨拶しました!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1615 CIMG1620

甘いグリーンピースのパテ。

グリーンピースを茹でて潰して作りました!綺麗なグリーンで見た目も良いし、味もグリーンピースの甘みがあってとっても美味しいです。、、、でも夫のジャンニはグリーンピースをさほど好まないので、パンにつけて一口食べた後首をかしげていました。「こんなに甘くて美味しいのに!」と抗議すると
「きっとアンチョビとかの塩気を足すともっと美味しくなる」と言います。う~ん、悔しいけどいいアイデアかも。今日は
トーストしたパンにこのパテをのせて、上にアンチョビを散らしてリベンジしようと思います!パルメザンチーズをスライスして
のせてもいいかも、、。結果は乞うご期待!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmal.comCIMG1613

お年玉袋?

5日間泊まっていたマレーシアからのお客様から頂きました!
「mugikosa~n」といつも「さん」付けで呼んでくださっていた
お母さんの方から呼ばれ「これ、ちょっとだけだけど」。
綺麗な袋ですよねえ!「あらチップかしら」と思うより先に
「お年玉?!」と一瞬思ってしまいました。マレーシアにもお金を包む時に、飾り袋に入れるような風習があるのでしょうか?
今日は朝から、お客様が気持ちよく滞在出来たらしいこと、そしてこの奥ゆかしい風習、綺麗な袋に嬉しくなりました!
、、何しろこのところ、地味な修繕作業の日々でしたから、、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1609 CIMG1611

(ローマ郊外の)美味しいレストラン

最初は宿のある建物の内庭に置かれていた分別用ゴミ箱。
住人の中にはそこを通らないので全く気が付かない人もいて、、、なので正面ドアの横にズラリと移動されました。
分別内容が絵ではなくて字で書いてあるせいか、今一つ
どのゴミ箱に何を入れるか分かっていない人もいるようで、缶、プラスチック用のゴミ箱に紙が入っていたりします、、。

昨日は夫のジャンニが職場関係の人たちと大勢で、シーフードのレストランに食べに行きました。帰ってきて聞いてみると、、、
基本は魚屋さんで、裏で調理もしてくれて、そこでも食べられるし、多くの人はお持ち帰りするようです。昨夜は貸し切り状態で、前菜からパスタ、メインまですべて魚介類。感想を聞いてみると「いっぱい料理が出て、色々食べて、もう何がなんだか、」だそうです。新鮮な料理の数々に目移りして、忙しかったようです(笑)。ちなみにこのレストラン(?)は結構郊外にあります。「じゃあ今度は2人で食べに行こう!」とは言えません、、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1605

ピーマンとパプリカ

日本でパプリカというと、赤や黄色のピーマンのことですよね?
緑のピーマンは普通に「ピーマン」と呼ばれていると思うんです。私はいつも何故パプリカと言うんだろうと思っていました。
そしてある時「パプリカ」と言う香辛料もあると知り、ますます分からなくなりました。
日本のブログを見ていると「パプリカでイタリア料理」というのが時々あって、でもイタリアではピーマンの事パプリカとは言わないんだけどなあ、と思います。イタリアではペペローニです。
ところがあるスーパーで「パプリカ」と書いた一袋3個入りのピーマンが売っているのを見付けました。赤、黄色、緑の組み合わせです。イタリアのピーマン(ペペローニ)とは別の棚に置いてあります。「どこが違うんだろう?」と比べてみるとパプリカの方が小ぶりなのが分かります。そして強いて言えば表面がツルっとしていることですが、これはイタリアのピーマンも小さめのうちはツルっとして、もう少し大きくなると若干軟らかめになるので、熟成度の問題だと思います。
日本と違って緑色のピーマンも入ったこの「パプリカ」についてスーパーのレジの女の子二人も会話していて「パプリカってペペローニとどこが違うの?」「、、わかんない」私の疑問は解決されませんでした、、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

もっと見る

 CIMG1604

クリスマスツリーを飾る日

今日はクリスマスツリーを飾る日です。大きなホテルやお店は既にいち早く飾っていますが、家庭では今日から。
ヴァチカンでは今日聖なる扉が開かれました。来年のこの日くらいまで開かれるはずです。「このドアをくぐると、罪が一つ清められるのよ」と知り合いのイタリア人のお姉さんに教えてもらいました。パリで起こったテロ事件の後、今度はヴァチカンか?!とも言われて、パパ、フランチェスコが決めた「聖なる扉を開ける年」の取りやめを促すような意見もあったようです。昨日ニュースを見ていたら、今日の式典のために厳重な警備が布かれたようです。
今ネットで2人のパパ(パパ フランチェスコと前パパ ラトツィンガー)が一緒に扉をくぐった、とありました。無事に式典は終わったようですね。よかった!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1603 CIMG1602

パンで作るお団子

夫のジャンニの新作です!ひき肉の代わりに水でふやかしたパンを使ったパン団子(?)です。元々は硬くなったパンを利用するアイデア料理ですね。パン、卵、パルメザンチーズ、パセリ、コショウ、をこねて丸めて揚げます。このまま食べてももちろん美味しいです!ジャンニはトマトソースを作って、団子を入れて5分ほど煮ました。揚げたお団子はカリっとして、トマトソースで煮るとフワーっとなります。例えて言えば、たこ焼きの関西風の様にお出汁に入れてフワーっとなる感じです。冷めても美味しいです。冷めるとフワっと感がなくなって、普通の肉団子の様な歯触りになるのですが、暖かい時よりも団子の味がしっかりと感じられます。
一見量が少なく見えたのですが、2日間分はありました!また作ってねえ~。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1584CIMG1585CIMG1586