イースターと夏時間

イースターだった日曜日は、冬時間から夏時間へと変わる日でも
ありました。うっかりしていた私は、起きて「( ゚д゚)ハッ!そういえば今日は、、!」」と慌てて出勤しました。イタリア人のお客様は、時間が変わったことは分かっていても体内時計が追い付かないのか、起きて朝食もとらずに(なにしろ朝7時が昨日までは6時だったので)出かけられていました。
卵型チョコレートは、最近知り合いになれた女の子から頂きました。我が家ではこれが唯一、イースターらしい物でした。ありがとう!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!muikoharano@hotmail.comCIMG1800

Pasqua(イースター)

もうすぐpasqua(イースター)ですね。バールやスーパーで大きな色とりどりの卵型チョコレートが売っています。私の住んでいる建物のエレヴェーターの上にも卵の飾りが。、、、でも何だか神社の御祓いの様に見えるのはワタシだけですか?
祭日に近付き、春めいた空気になってきているのに、ベルギーで起こった事件が残念です。昨日地下鉄に乗った知り合いの女の子が「ガラガラだった」と言ってました。みんな何となく避けたいんでしょうねえ。その代り路面電車がギュウギュウに混んでいたそうです。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1793 CIMG1792

テルミニ駅周辺のゴミ分別

ここ数か月でテルミニ駅周辺のゴミ分別が、ようやく実地されるようになりました。まだ始まったばかりできちんとしたシステム化には道のりがありますが。私が住んでいる所もテルミニ駅近くですがまだ分別がされていないので、毎朝何かしらのゴミを持って宿に向かいます。すると朝早いうちは写真の様に各種類のゴミ箱が道路に並べられて、作業員の人達がゴミを集めまわっているので、私も直接このゴミ箱に捨てます。
昨夜、夜の到着のために宿に向かっていた所、やはりゴミ箱が並べられていたので「あら、夜もなのね」と思ったのですが、翌朝は作業員の人もゴミ箱も見当たりませんでした。「そうか、日曜日は収集しないから、代わりに土曜の夜に作業するのね」
この様に、事前に新しいごみ収集の仕方について告知がないので、状況を見ながら手探りで理解していっています。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1788 CIMG1789 CIMG1790

露店で買いもの2

最近は買い物運があるようです。用事で出かけたヴァチカン市国
近くの露店で(また?)見つけました!ベッドの横に置くランプを探していたのですが、、、可愛い物はあっても壊れやすそうだったり、倒れたら割れてしまいそうな素材だったりして、買えないでいたのです。今回も通りかかったときに「あっ」と思い、ササッと近寄ってすぐ購入体制に入りました!
こういう露店は幾つかの場所に日を変えて出店するのですが、また必要な時に連絡を取れるよう名刺をもらいました。見ると普通の店舗もあるようです。でもここの露店では結構ひっきりなしにお客さんが寄っていたので、案外露店の方が収益が大きいかも、なんて想像しました。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1786

掘り出し物

carlo alberto houseから家へ帰る途中の露店で見つけました。
オリーブの柄のテーブルクロス、どうですか?これがぱっと目に入って、ササッと近寄って手に取りましたよ!いくらだと思いますか?、、、、なんと3ユーロです。掘り出し物ですよねえ?
迷わずに買いました。テーブルクロスは飲み物や食べ物で染みが付くことが多いので、またこんな風に(安くて)良いものがみつかるといいなあ、と思います。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.coCIMG1783

イタリア人旅行客考察

イタリア人でB&Bを経営している人達の中には「イタリア人のお客はちょっと、、、」という人たちを何人か知っています。他の旅行客に比べて、色々と細かいところまで見てホテルの評価をするので煩わしい、ということらしいです。
先日まで4日間滞在していたイタリア人の男性は、電話で直接予約をしてきたのですが、「1人だけどお部屋はダブルがいい」「見晴らしのいいお部屋がいい」などの希望はまあ良かったのですが、到着の何日か前の電話では「バスローブはあるのか?」「マッサージのサービスはあるのか?」と聞かれ、途端に不安になりました!まさかうちの宿を高級B&Bと間違えているのでは、、と思ったのです。でも、彼に指定した宿の料金はごく普通のレヴェルで、どう転んでも「高級」を連想することはないハズです。到着してガッカリされたり抗議されたりしないように、はっきりと「うちは5部屋のみのごく普通のB&Bですから、、」と説明しました。案外あっさりと「いやいや、無いならいい。聞いてみただけだよ」と言うので、一時はお断りした方がお互いの為によいのでは、、と思ったのですが、開き直ってみることにしました!4日間、朝食サービス、会話のやり取り、お部屋のお掃除と気を使って、4日目の朝「ターラントヘはいつ来るんだ?」とお客様の出身地へお誘いの言葉を受けた時には、ホッとしました。5月にまた来る予定があるそうで、予約を頂きました。確かに気は使うけれど、イタリアで宿をしているので、イタリア人のお客様に評価されると嬉しいなあと思います。
写真は、道路に置かれていた大きなゴミ箱が撤去され、各ビルの中に各種のゴミ箱が置かれるようになり、路上にはこんなゴミ箱が数十メートルごとに設置されました。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1782

やっと届いた小包み。

やっと、やっと、、、、小包みが届きました!終わりよければ全てよし、何も愚痴は言うまい、、、でも、、配達のお兄さんインターフォンを鳴らさずに携帯で「今下に来てるけど」と電話出来るくらいなら、なぜもっと前に電話でコンタクトとってくれなかったの?そうしたら私の顔を見て開口一番「なんでインターフォンに名前を書かないの?何回配達に来たか知ってるかい?」
などと言う羽目にならなかったのに。
小包みにははっきりと宿の名前が書かれているし、インターフォンにも宿の名前は書かれているけど、、、どうやったら「あて先不明」で不配達に出来るの、などと問い詰めたりするまい!
今回の配達で初めて「配達日指定」が出来ることを知ったので、次回にはもっとスムーズに受け取れると思いますが、、結構トラウマになってしまいました国際速達郵便EMS!
carlo alberto houseへお問い合わせご予約の方はこちらへどうぞ!、ご予約の方はこちらへどうぞ!、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1777 CIMG1781

春の学生旅行シーズン

パリのテロ事件の後、日本のお客様からのキャンセルが3件ほどありました。なので「今年の春の大学生卒業旅行シーズンはどうなるかなあ」と思っていましたが、意外に去年と同じような感じでホッとしています。日本からの飛行機も結構満員だそうです。
ローマでは主要な教会や、各地下鉄の駅に銃を持った軍の若者が警備していますので、こんな事で軽口を言ってはいけませんが、逆にいつもより治安が良いというか、安全なのではないかなあ、と思っています。昼間などは観光客の人達の道案内になっています、、。大型の銃を真近かで見る機会などありませんでしたが、実際に見ると割と安っぽいというか、プラスチックみたいに見えるんですね。夜中のお客様到着のために宿へ行く途中見ると、2人の兵隊さんが身動きもせずにじっと立っていました。夜じゅう警備してるのね、、と知り、今年が暖冬なことをこの時は良かった、と思いました。
写真はドアの色々な取っ手、です。机の引き出しの取っ手や、戸棚の取っ手も、金具素材で色々あるんですよ!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1774 CIMG1775 CIMG1776

イタリアの郵便事情2

以前日本からの小包みがイタリアに着いて、宿の方に配達されるのを待っているけれど、「住所が違う」だの何だのとあり得ない理由でなかなか届かない、と書きました。あの時は結局、期間が過ぎて日本に戻されてしまい、今再びその小包みがイタリアに着いています。また何回か配達された形跡がオンラインで確認出来ていますが、「インターフォンに小包みと同じ宛名が無かった」とか「住所が間違っている」などの理由で倉庫に戻されています。母にそうメールすると「なんだか難癖付けられているみたい、、」と返事が来ました。ホントに配達のたびに違う理由で届かないって、どういう事なんでしょう、、、。
昨日は不在時に大切な書類が届いた時取りに行く、保管所に行ってきました。いつもは人が沢山いて待たされるのに、昨日はガラガラ!嬉しかったです。せめてこれ位はいい事がないと、ですよね。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1772 CIMG1771

嵐の後のローマの夜明け

先日「電機会社からのしつこい勧誘が、、」と書いて、両親から「電機会社って何?」「電力会社の事?」とメールがきました。
そうです、、、電力会社の事でした。書いている時に「電機会社」か「電気会社」か迷ったのですが、考える所はソコじゃなかったですね。
ローマは2日間大風、と雨でお天気が荒れ、旅行者泣かせでした。昨日の朝やっと回復し、朝日が嬉しかったので撮りました。
他2枚の写真は、宿のすぐ近くの教会です。側面がかなり昔に作られて残っている部分のようで、時々ガイドさんが旅行者の人達を連れて見せに来ます。この教会の正面だけは、後付けで綺麗にお化粧直しされています。でも、なんだか違和感を感じるのはワタシだけでしょうか?
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1765CIMG1767CIMG1769