ペペロンチーノ事情

2ペペロンチーノ

..
雑草として危うく私に引っこ抜かれるところだったペペロンチーノ3株。1株がひときわ大きく育ってきているので、例によってせっせとお水をあげていました。
夫のジャンニが宿に来たので「見て、このペペロンチーノ!」と言ったところ「いや、これはペペロンチーノじゃないな。何処かから花の種でも飛んできたんだろう」とあっさり却下されました!そう言われて
よく見れば、葉っぱの形が違っています。
でも、、、自分の無知と注意力の無さを棚に上げて言いますが、ペペロンチーノには今回は裏切られっぱなしです!
Carlo Alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com

セールで宿の買い物

テーブルクロス
..
セール中の今、自分の洋服ではなくて、宿の小物雑貨を購入してテンションが上がっているワタシです。
赤いクッションカバー、ちょっと派手かと思いましたが、そんなことないようで安心!今いち自分のセンスに自信がなくて、何度か見て考えて決めました、、。
Carlo Alberto house へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com

靴修理のお店でサンダルを注文!

手作りサンダル カラス

 

..
今、手作りのサンダルを注文して作ってもらっています。、、、と言っても靴やさんではなくて、靴修理のお店なんです!
お店の入り口の横にいくつかサンダルが並べてあるので「もしや」と思って聞いてみると、注文で作るとのこと。最近はどこの靴やさんを見ても、ぺったんこのサンダルか、あるいは逆に厚い靴底のサンダルばかりで、私が欲しい物が見付けられないでいたので,早速注文することにしました!
写真は、お兄さんが編んだ紐を足に当てて、調整しているところです。来週には靴底と合わせて完成する予定です。そうしたら、またアップします!
カラスの写真ですが、、、今年も餌をねだって親にくっついてぎゃあぎゃあ叫んでいる子カラスたちがいる、と思って写真を撮りたかったのですが、ズームにする方法が分からないでいました、、。私のスマホはズームが無いんだ、と思っていたのですが、お客様に「えっ、あるはずですよ」と言われ、教えて頂きました。、、ネットで画面を拡大するのと同じ要領なんですね。全く考え付きませんでした!
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotma

春巻きと餃子再び

私が初めて作った春巻が美味しかったらしく、夫のジャンニのリクエストで再び作りました。 今回は手伝ってくれるそうです。
「餃子も一緒に」と言うので「具も違うし、いっぺんに両方作るのは大変」と言ったのですが、どうやら食べる春巻の具で餃子も作るようです。うーん、ものを知らないとアイデアも斬新だなあ、と呆れたり感心したり、やってみることにしました。春巻きを巻く作業を「楽しい」と言い、これは上手く巻けなかった、これもちょっとと自己評価しながら私と巻いていましたが、餃子の番になり1,2個作ったところで「餃子は小さくてひだ作りが難しい」と悟ったらしく「さて、夕飯前のシャワーでも」とさりげなく退場していきました!残りの餃子を黙々と一人で作り終えた頃には、首が痛くなってました。。手伝うと言うから作ったのに、とムッとしましたが、たしかにジャンニの大きい手では小さい餃子のひだつくりはちょっと無理かも。特に手先が器用とは言えない私ですが、「器用な人」の様に感じさせてくれました、ふふ。Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com春巻き 餃子

ジュゼッペとの話2

4ジュゼッペ
..
引き続きジュゼッペとの会話です。かねがね私は「イタリアの大病院の救急が無料で診てもらえるのはとても有難いけれど、例えば旅行者で保険に入っている人には、払って貰ってもいいのでは?」と考えていました。カードで払い、診断書を貰えば母国で払い戻して貰えるからです。イタリアは負担が減るし、旅行者の人にも痛手とならないはずです。
でも、ジュゼッペにそう言うと「いやいや、救急の病人が誰でも診て貰えるのは人間の権利なんだ。イタリアはそうするんだ」
「でも、ただでさえ経済難なのに、払える人の分まで、、」と言っても、「救急は無料で」という大前提は彼にとって変わらないもののようです。そこから、ある国々では「保険に入っていない病人は医者にそっぽを向かれる」話になり、そんな事を聞くと私もそれ以上は言えなくなり、「イタリアは懐が深いというか、なんというか、、」とイタリア国籍でもないワタシがやきもきしています。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

ジュゼッペとの話

pane

 
..
先日、宿の修理をいつもお願いするジュゼッペとはなしている時「コレステロール値がちょっと高かったから、このところ野菜ばっかり食べてて」と云ったので、内心納得しました。ちょっと痩せたなあと思っていたからです。そこから血液検査の話になり、イタリアでは皆かかり付けのお医者さんがいるのですが、医師に診断書を書いてもらって病院に行って血液検査すると、料金が高くなるそうです。でも自分で直接大病院に行って検査してもらうと、グッと安くなるということ。知らなかった、、良いことを聞きました!そして、そこから「イタリアの大病院の救急は無料で診てもらえる」事について私とジュゼッペで意見のやり取りがあったのですが、長くなるので次回に!
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com

ジュゼッペ参上

jyuzeppe1 ジュゼッペ2このかたが(演技力は得意ではない)ジュゼッペです。修理中はあそこもここもと頼むのに忙しく、また久しぶりだったのでお喋りに夢中になり、写真を撮るのを忘れていました。なので修理が終わった後「ほら、仕事してる振りして」と頼んだのですが、助手の人に笑われる演技力。
今回は修理と言うよりは点検と、自分では出来ないことは無いけれども時間がかかる換気扇の取り外し、奥のホコリ取りをお願いしました。なので気軽にお喋りしながらの作業で、私は楽しかったです。
次回はジュゼッペとの会話「イタリアの病院事情」について書きたいと思います。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com