洗濯干し場

この頃の宿。洗濯した服をここに干すのが流行ってます。幾つかのお部屋の窓下には、鉄の棒がはめてあってそこにも干せるのですが、ここは紐をたぐって洗濯物を移動できるので、楽しくもあるのでしょうねえ。もちろん、風も通って乾きも良いです。
やっと育ってきたペペロンチーノ。でも、たった一株です、、。もう一つの方は、何の実でしょう?子供が色水に使えそうな、、。
なんだかまったりとした文章ですが、そうです、このところ長い滞在のお客様が多く、慌ただしい出発がないので、宿もまったりとしています(笑)
Carlo Alberto House へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%e6%b4%97%e6%bf%af%e5%b9%b2%e3%81%97%e5%a0%b4

久しぶりの雨

昨夜、ちょっと蒸し暑いなあと思ったら、その後すぐに雨が降ったようです。久ーし振りの雨!乾ききった地面を、湿らせてくれました。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%e4%b9%85%e3%81%97%e3%81%b6%e3%82%8a%e3%81%ae%e9%9b%a8

ネットと旅行

旅とネットは切り離せないものとなってきていますが、宿ではwi-fi を使えても、観光中の外ではネットが使えない、という状況の旅行者が大半です。なので、現地でsim を購入する方も増えてきました。ただ、1週間や10日そこら、或いはいくつかの国をまわる、という方にピッタリのコースをリーズナブルな価格で提供している会社がなかったのですが、最近の情報では、大手の会社以外も出てきたようです!写真にあるLicamobileが、その一つです。今日、お客様がこのSimを購入なさったので、使い勝手云々についての感想を、後日伺ってみようと思います!
Carlo Alberto House へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a8%e6%97%85%e8%a1%8c

夏のローマのお天気

日本では台風がすごいようですね。ローマでは夏はほとんど雨が降らないので、両極端な気がします。
何日か幾つかの客室の床が砂だらけだった事が続きました。「暑いからビーチにでも行って、砂が運ばれてきたのかな」と思っていました。
ある日、綺麗に掃除したお部屋にお客様をお通しして、その後セーフテイーボックスの使い方の説明で、お部屋に足を踏み入れた途端に「ジャリッ」と砂の感触が、、。
犯人は全開に開かれた窓から入ってくる砂ぼこりでした!何処もかしこも乾ききっているんでしょうねえ。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%ef%bc%91%e6%a4%8d%e6%9c%a8 %ef%bc%92%e6%a4%8d%e6%9c%a8

室内禁煙

イタリアでは室内は禁煙です。Carlo alberto houseには小さなバルコニーがあるので、お客様に「タバコは吸いますか?」と伺って「こちらでお願いします」と説明しています。ところがこの「タバコを吸うか」の質問に「No no!」と「タバコなんて吸わないよ!」的な反応を示す方も結構いらっしゃって、なんだか聞くのも悪いような気になります。かといって聞かないでいると、たまーに室内がタバコ臭くなってたりする時もあるので、やっぱり聞くようにした方がいいようです。一応禁煙マークが、入り口横にはってあるんですけれどね。、、、そう言う訳で、タバコを吸うお客様に当たった時は、「あっそれではバルコニーで!」と妙に張り切って、いそいそとご案内するワタシです。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%e7%a6%81%e7%85%99%e3%82%bf%e3%82%b0

韓国人観光バスツアー

午前2時です。チェックインのために宿へ向かう途中、韓国人観光ツアーのバスが1台停まっていました。運転席を見ると、運転手さんの靴先が見えて、狭い空間でどんな体勢か分かりませんが、仮眠をとろうとしているようです。
以前にも書きましたが、毎朝6時半過ぎに宿へ向かう途中、韓国人バスツアーのバスが何台も停まっていて、そのバスを目指して韓国の人達が早足で歩いていく姿が、毎朝見かけられます。
バスの運転手さんはきっと、6時過ぎまでにはここにバスを運ばなければいけないでしょうから、時には車庫にバスを運んで家に帰って、数時間後にまた車庫にバスを取りに行くよりは、もうここで
このまま仮眠してしまえー、という日もあるのかもしれないなあと
想像しました。ツアーの運転手さんて、どこの国でも大変なんですねえ、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com%e9%9f%93%e5%9b%bd%e8%a6%b3%e5%85%89%e3%83%90%e3%82%b9

届いた本

「郵便受けにポンと入るように」と母が本を一冊送ってくれました。いつも受け取りに苦労するのですが、この方法だと私が居なくても、郵便やさんはポストに入れるだけで済みます。とってもシンプルです。
唯一つ、この本は上下巻なのですが、今「上」を読んでしまうと、「下」の到着を待たなくてはいけない。母が近いうちに送ってくれるそうなので、到着に近い日を待って読み始めるか、或いはとりあえず読んでしまって「下」の到着を待つか、、。
本を睨みつつ考え中です!
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com%e5%b1%8a%e3%81%84%e3%81%9f%e6%9c%ac

ふち子さん

台湾からのお客様に頂きました。「ふち子」さんでしたっけ、、?
ネットで見た事はあったのですが、まさかローマで手にするとは思いませんでした!ロンドンに留学している台湾の男の子は、お母様が日本の方だそうで、送ってくださった(送ってもらった?)そうです。出発の間際だったので「なぜ日本からわざわざ、、?」という質問は出来ませんでした!ちなみに「ヨーロッパでふち子さんを手に入れるのは、とーっても難しいんだ」とおっしゃってました。それはそうでしょう!(笑)
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com%e3%81%b5%e3%81%a1%e5%ad%90%e3%81%95%e3%82%93