ローマの日本人経営の宿carlo Alberto House

年に一度のシーフード祭り(笑)。パスタには海老の他にも、イカも入れました!
シーフードって素材から味が出るので、味つけ的には簡単ですよねえ。
今日25日はお肉デー。2日連続でご馳走を頂くのも、年に一度です。
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com
パスタ

最近のローマカフェテラス事情

最近のローマでは、レストランやbarの外テーブルの数が規制されてきているようです。旅行シーズン中には置けるだけ置きました、という感じで、時には夜になって閉まった隣のお店の前までテーブルが侵入しているのを見かけたりしました。
サンタマリアマジョーレ教会の目の前にあるカフェテリアでも、いつも旅行者で埋まっていたテーブルが無くなっています。「今は寒いから、どうせ誰も座らないんじゃない?」と思われるかもしれませんが、いるんですよ!寒いなか着込んで、食べたり飲んだり話し込んだりを楽しめる人が。
ちなみに、以前は置かれていた外用のストーヴも、今は禁止されているのか、どこにも見かけなくなりました。さすがに外席に座るを、このところ見かけません!
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com街角

簡単ローストポーク

ローストポークを作ってみました。と言っても、ニンニク、生姜、お醤油に漬け込んだので、和風です。
フライパンで焼いて、白ワインで蒸し焼き。おつまみとして美味しく頂きました!
Carlo Alberto Houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com
ロースト

今年も(あの)ツリー

ツリーいつものように8日に飾った「あまりジロジロ見ないでね」ツリー。今年のニューアイテム(笑)は、ツリーの下の敷布です!夏の暑い日に露店で見つけて購入しました。赤い、風呂敷くらいの布を敷けば、もっと華やかになるかなあ、と再び露店での出会いに期待しています!Carlo Alberto House へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com

あちらから、こちらから

ボリビアからのお客様から。この帽子を見た時メキシコをイメージしたのですが、ボリビアも被るんですね、こういう帽子。日差しが強いのでしょうか?お仕事でいらっしゃったようで3日間のご滞在でしたが、ボリビアからの行き来だとしたら、数日間のためにずいぶん遠い所から、、と思います。
ちなみに、同じ頃にミャンマーからのお客様もいらっしゃっていたのですが、その頃パパ フランチェスコはローマからミャンマーへ訪問なさっていました。あまり見ない国からのお客様が重なり、珍しい週間となりました。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comボリビア

セントラルヒーティング

hi-ta-カルロアルベルトハウスの暖房は、セントラルヒーテイングなのですが、今冬からカウンターが各ヒーターに取り付けられ、消費した分だけ支払う形になりました。今まではビル全体の消費量から、各アパートメントの大きさによっておよその金額を振り分けられていたのです。今回からの方式で宿の燃料費が上がるのか下がるのかは未だ分かりませんが、「消費した分を支払う」事で、各戸が節約を試みることは間違いありません。宿では今までも使っていないお部屋のヒーターは栓を閉じていたのですが、知り合いにこの事を言うと「どうせ払う金額は一緒だよ」と言われました。たしかにそうなんですけど、、、個人的に、地球の資源が無限にあるかのような生活スタイルには抵抗があります。あるいは貧乏性なのかもしれません!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

ヴァチカンのミサチケット

ミサヴァチカン教会でのミサに参加できるチケットです。広場でスクリーンを見ながらではなく、教会の中です。夫のジャンニの知り合いを通して何度か頂き、宿のお客様にお譲りしようと思いましたが、皆さんなかなか観光スケジュールが詰まっていて、2時間ずっとミサに参加する時間がないようで、、。出来れば私が参加したい!です。でも朝の10時は難しい、、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

字のデザイン性

ロシア語アラブ語ドゥバイに住んでいるシリアのお客様が、アラビア語で書いてくれました。「普通の書き方とはちょっと違うスタイルで書いた」とおっしゃっていました。その下にあるのは、ロシアの男の子が書いてくれたものですが、あまりに流ちょうな字体なので、ロシア語なのか普通に英語なのかすらよく分からないです、、(笑)。こうして見ると、知らない言語の字というのは一種のデザインの様にも見えて、欧米の人が漢字やひらがなをタトゥーにしているのが分かる気がします。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

コロッケ

ふと思いついて作ったコロッケ。ジャガイモだけで、真ん中にチーズを入れました。ものすごく久しぶりで、嬉しくなりました。やっぱり美味しいですね!こちらでは、ライスコロッケはこれ位の大きさであるのですが、ジャガイモで作られた物は、何故かもっと小さいんです。ほんとに一口というか、、、。このコロッケも、おかずとしてではなく前菜として食べましたが、夫のジャンニも「美味しい」と言ってました。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comコロッケ

New カフェ

new カフェカルロアルベルトハウスのすぐ近くに小さな教会があります。その裏側に新しくカフェがオープンしました。日替わりパスタもあるみたいで、その日のパスタが書かれています。
午後、中途半端な時間に、お腹を空かせて到着したお客様に紹介出来るので嬉しいです。
carlo alberto house へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com