ローマでラマダン終了集会

ラマダンが昨夜で終わったようで、カルロアルベルトハウスのすぐ近くある公園で「ラマダンが終わった喜びの集会」をやっていたようです(笑)。ローマにはバングラデシュから働きに来ている人が多いので、夫のジャンニの職場の周りにもいます。彼らとラマダンの話になり、なんでも「満月が見えたらラマダンを終えて良い」そうで、そうは言っても天候の不安定な地域に住んでいる人たちは、お月様を見れない可能性が大きいわけで、そういう場合は「アラブのある場所でお月様が見えたらよい事にする」ことが出来るそうです。面白いですよね。そういう抜け道を作っていてくれるところが、ちょっとゆるくていいなあ、と思いました。ちなみにGoogle で調べたら、6月24日は「新月」とありました。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comラマダン

シリコン活躍

この前ジュゼッペが来た時に「細々と修理して貰った」所の一つです。お部屋に出入りする所の出っ張った箇所って、どうしてもカバンをぶつけてしまったりしますよね。タイルが数枚はがれてしまっていました。今までの私の経験からは、こういう場合セメントのような物をこねて、タイルの裏に付けて貼る、という方法でした。でも、ジュゼッペはシリコンで付けたのでびっくりして聞くと、「広い範囲だったらシリコンだと高くつくけど、付き具合はいいんだよ」ということでした。そうか、これなら私にも簡単に出来ます!もう一か所、そこは釘で壁に打ち付けてあった木片が取れたのですが、それもシリコンで付けてました。
私は釘打ちが苦手で、かなりの確率で釘が曲がったり、斜めに打ち込んでしまったりするので、この方法には目から鱗。
こういう知識が増えるのって、嬉しいです。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com修理

見つけられた花の芽

夫のジャンニがカルロアルベルトハウスに来ました。色々植えたのに雑草ばかりが茂った植木を整備するためです。ところが、あの鬱蒼と茂った雑草の中から、3つの花の芽が育っているのを見つけました。去年もあったんですよねえ、同じ様なことが。こんなに小さくて、雑草の葉とも似ているのによく見つけられるなあ、と毎度思います。この花の種は住居の方にも植えたらしいのですが、そちらでは1つしか目が出なかったとか。フフフ、よく「日当たりが良くないから育たない」などと夫に言われていた宿のミニミニバルコニーですが、「日当たりだけ」は良い住居の方に勝ちました。
まだまだとても花が咲くとは思えない小さな芽ですが、せっせとお水をあげて、大事にしようと思います。
carlo alberto house.へお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com花の芽

ジュゼッペDAY

今日はジュゼッペDAYでした。シャワーヘッドの上げ下げをする部分が壊れたので、部品取り換えに。ついでに他にも
細々とした修理をお願いしました、いつもの様に!
ローマは建物が古いですし、遺跡等の規制があって、たて壊して新しいビルを建てることはなかなか出来ませんので、内装工事が盛んです。なので修理関係の仕事を身に付けた人は、仕事に困ることはないように思われます。実際、修理の人を数多く見てきましたが、その中でジュゼッペがいい、
と思いカルロアルベルトハウスの修理を彼に頼んでいるのは、修理の腕もそうですが、話し方が丁寧ということも大きいです。英語でいうスラングっていうのでしょうか?乱暴な言葉を使って話さないのです。ですから、ジュゼッペに修理して貰っている時、作業場はそれなりに雑然としても落ち着いた雰囲気でいられるのは、彼の醸し出す雰囲気に寄るところもあると思うのです。良い人を見つけて、本当に良かったと思います。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comシャワーヘッド ジュゼッペ

生えてきたバジリコ

色々植えたはずなのに雑草ばかりが生えて、、と書きましたが、よく見るとバジリコが雑草に交じって成長していました!雑草にもせっせとお水をあげていて良かったです。でもバジリコの周りの雑草だけは引き抜かせて頂きました、、。
最初はひょろひょろと頼りなかったバジリコも、栄養が行きわたる様になったためか、しっかりとしてきましたよ。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comバジリコ

ローマでしその葉活躍

このところ活躍しているしその葉。繁殖しているのは、生憎カルロアルベルトハウスではなく、自宅の方です。
しその葉って和風のイメージがあるのですが、結構何にでも使えることに気付いて重宝しています。サラダや和え物にはもちろん、魚介類のパスタにも、イタリアンパセリやバジリコの代わりに使えます。ハーブの良いところって、繁殖力が強いので、どんどん摘んでもどんどん生えてくることですよね。くることですよね。なので張り切って、しその葉が「ちょっとは遠慮して」と言うくらい使おうと思います。
carlo albert houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comしその葉