バジルでパスタソース

ジェノベーゼソースを作りました。もちろん宿で育ったバジリコも入っています!このバジリコはギリシャのバジリコで、イタリアのものより葉が尖ってます。風味もちょっと強めです。バジリコ、オリーブオイル、ナッツ、塩、こしょう、あとペペロンチーノも入ってます。材料さえあれば、ミキサーで混ぜるだけ。簡単です。
carlo alberto houseへお問い合わせご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com2バジル バジル

夏の食卓

夏の風物詩、火を使わない夕飯。まあ、これらは冬でも食べるんですが、、、。この後パスタを作ったので、結局火は使うわけですが、、。モッツァレッラはナポリから売りに来る人から購入。日本でいうお豆腐みたいなものですよね。手作りで新鮮なものほど美味しい。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com夏の食卓

街灯の秘密

街のいたるところにあるこの街灯。実は下の部分が空洞になっていて、何か物が入れられるようになっています。
毎日通っていながらも、よく見ているわけではないので知らなかったのですが、ある日、いつも同じところに居るホームレスの人が、夜被って寝ていた掛布団を、朝起きてからそこに入れているのを目撃して、その存在を知りました(笑)。それにしても、掛布団が入るなんて、結構なスペースがあるんですね!一体なに用に作られたんでしょうね?
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com街灯 2街灯

バジリコ栽培

バジリコ住居のミニベランダで出来たバジリコでカプレーゼ。
このバジリコは夫のジャンニが、知り合いのイタリア人に分けてもらって育てたものです。「この辺で売ってるバジリコより香りがいいんだ」と自慢げに言っていましたが、たしかに香りも良いですし、綺麗な緑で葉もしっかりしています。
カルロアルベルトハウスのバジリコも、負けずにいい感じで育っています。収穫してジェノベーゼソースを作りたかったのですが、ジャンニはこれらのバジリコから種を取りたいそうで、「花が咲くまで待つ」そうです。収穫は当分お預けです!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com 2バジリコ

屋上のサプライズ

何度も書いていますが、ローマ(の中心地)は建物が古いのですが、各戸の内装は外見のイメージとは違って綺麗だったりします。もう一つのサプライズは、屋上です。カルロアルベルトハウスのある建物からサンタマリアマジョーレ教会までいくつもの建物があるのに、どうして屋上から教会が見えるのか分かりませんが、サプライズでこんな絵葉書のようなカットの景色が見られます。
他の建物もきっとそれぞれのサプライズがあると思います。建物巡りツアー、してみたいなあと思います。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com屋上 2屋上

ライスサラダテルミニ駅の近くで、試供品として配られていたのを、夫のジャンニが持っ帰ってきてくれました。ライスサラダです。 イタリアのこういう出来合いの物の味を、あまり信用していないワタシですが、これは美味しかったです。幾つか種類があるようですが、5種類の穀物やシーチキンが入ったのが、ジャンニと二人で「美味しい」と一致。 家ではこれにトマトや生玉ねぎを刻んで混ぜて食べます。 旅行者の人達には、電車でちょっと何か食べ物を、という時にお薦めです。スーパーに売っていますし、蓋の裏側に小さいフォークも付いています。 carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

ローマの夏の夜

カルロアルベルトハウスの近くの公園では、夏になるとスクリーンが設置され、夜に映画が上映されます。昨夜10時頃チェックインのために宿に行った時、上映中の音声が聞こえていました。
テヴェレ川沿には夜店が並び、階段を下りた川横に設置されたミニ舞台では、歌手の人が日本でいう歌謡曲を歌っています。誰でも座って聞けて、無料です。
ローマは今、夏真っ盛りです!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comスクリーンスクリーン2

カルろアルベルトハウスのある建物の内側の眺め

同じ建物のB棟にあるMAXの所からの帰り道。A棟に入る所にマリア様らしき彫り物があるのを、これまで気が付きませんでした。建物自体は古くてボロなところもありますが、新しいモダンな建築や画一的な住宅にはない、ホッとしたものを感じさせてくれます。
2枚目の写真はMAXの所からの眺めです。個人的には大通り沿いのお部屋からの眺めよりも、内ビルの眺めの方に心を惹かれます。
この狭い窓の外や陽があまり当たらないベランダに洗濯ものを乾すわけですが、それでも乾いてしまうことを考えると、熱いローマもやっぱり日本よりは湿気が少ないのだなあ、とあらためて思います。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com内ビル 裏窓

やってきた生ハムメロンの季節

毎年暑くなり始めると、恒例の生ハムメロン。
生ハムには塩気が強めのものと、控えめなものがあります。
上等な生ハムはうま味と塩気がちょうど良い塩梅なので、前菜としてそのまま食べるのが普通です。一方パンに挟んで食べたりする場合は、多少塩気が強めの物でも、他にトマトやらを挟んだりすると、かえって丁度良い塩具合になります。
この生ハムはスーパーで、生ハムやチーズをスライスしてくれるお兄さんに「メロンと食べるんだけど、、」と言ったところ、お兄さんは頷いて生ハムを選んでくれました。塩気は中間、お値段も中間くらいでした(笑)。そして、やっぱり美味しかったです、生ハムメロン。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.commeronn