シリコン活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加

この前ジュゼッペが来た時に「細々と修理して貰った」所の一つです。お部屋に出入りする所の出っ張った箇所って、どうしてもカバンをぶつけてしまったりしますよね。タイルが数枚はがれてしまっていました。今までの私の経験からは、こういう場合セメントのような物をこねて、タイルの裏に付けて貼る、という方法でした。でも、ジュゼッペはシリコンで付けたのでびっくりして聞くと、「広い範囲だったらシリコンだと高くつくけど、付き具合はいいんだよ」ということでした。そうか、これなら私にも簡単に出来ます!もう一か所、そこは釘で壁に打ち付けてあった木片が取れたのですが、それもシリコンで付けてました。
私は釘打ちが苦手で、かなりの確率で釘が曲がったり、斜めに打ち込んでしまったりするので、この方法には目から鱗。
こういう知識が増えるのって、嬉しいです。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com修理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>