続ローマ市税

このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の知り合いのコックさんが、特別に大きなカルツォーネを作ってくれました。普通はカルツォーネはピザ生地を半分に折りたたんだ位の大きさですが、これはその倍もありますね。温めるためのフライパンになかなか入りきらなかったです。具はハムとモッツァレッラチーズという私の好きな組み合わせの上に、キノコやトマトもちょっと混ぜてあってとても美味しかったです!食べきれなかったので、今日も残りを頂きます。
前回、旅行者が払う市税の事について書きました。フランスからのお客様をチャックイン手続き中、この市税について説明し始めると「3.5ユーロ?」と聞き返します。こういう場合大抵は「他の国、あるいはイタリアの他の都市では3.5ユーロではなかった」という疑問である事が多いので、
「国や都市によって値段が違うんですよ」と説明しかけたところ「いや、ローマで私たちは6ユーロ払った」と言います。6ユーロ?2日間で6ユーロかな?いや、そんなはずは、、と思い聞いてみると「1日6ユーロだった」と言うではありませんか!私はすぐに事情を理解しましたが(皆さんは分かりますか?)、でもそんなお客様がなんでうちなんかに、、、と思い、失礼にならない様に言葉を選びながら「同じローマでもホテルのクラスによっても値段が違うんですよ。4星、5星だったらそれ位すると思いますが、、?」と伺い気味にお客様を見ると、四本指を出しました。どうやら
前は4星ホテルに泊まり、他の都市も周って国に帰る前日に私の宿に泊まる、という事のようです。自分を卑下するわけではないですが、「4星のお客様がなんでうちに、、?」と内心首をひねりながら、でもいたって気さくなお客様なので心配することなく対応出来ました!
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@hotmail.com

もっと見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>