湯沸し器が、、、!~carlo alberto house~

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日お客様の部屋を掃除中、ある事に目が行きました。シャワーのお湯を調節するノズルが目一杯左に傾けられていたのです。これはつまりお湯を全開に出していた、という事です。冬の寒い時ならともかく、まだ蒸し暑い今、お湯を最大限に熱くしてシャワーというのは珍しいです。
ところが次のお部屋でもやはりノズルがお湯全開の位置になっています。「!」さすがにピンと来て(皆さんは分かりますか?)ガス湯沸かし器を見に行くと、、、なんとお湯が「ほぼEnd」の表示が出ています!「どうして?!」と慌てて色々チェックしてみたところ、一部数値がおかしいところがあったので、以前修理の人に教えてもらった事を思い出して、直すことが出来ました。よかった、、、。教えてもらったのはちょっと前のことなので、必死に思い出して調節する時にはドキドキしました!「これで間違って取返しつかなかったら、お客様みんな冷水シャワーだ、、!」と思うと責任重大です。修理の人は経験上翌日しか来てくれないですし、昨日は土曜日です。よりによって週末、、、直って本当によかったです。ちょっと告白しますと、もし修理の人が今日来れなかったら、ジュゼッペに電話してみよう、なんて考えたんです。「何かの時はジュゼッペ」私も全然懲りてないようです!(ジュゼッペにつきましては、以前の記事をお読みください!)
写真は「再び落書きトラック」です。小学校のある建物のかべにも(もちろん)落書きされているのですが、それはさすがに時々消す作業がされています。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!
mugikoharano@homail.com

 CIMG1266

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>