ピーマンとパプリカ

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本でパプリカというと、赤や黄色のピーマンのことですよね?
緑のピーマンは普通に「ピーマン」と呼ばれていると思うんです。私はいつも何故パプリカと言うんだろうと思っていました。
そしてある時「パプリカ」と言う香辛料もあると知り、ますます分からなくなりました。
日本のブログを見ていると「パプリカでイタリア料理」というのが時々あって、でもイタリアではピーマンの事パプリカとは言わないんだけどなあ、と思います。イタリアではペペローニです。
ところがあるスーパーで「パプリカ」と書いた一袋3個入りのピーマンが売っているのを見付けました。赤、黄色、緑の組み合わせです。イタリアのピーマン(ペペローニ)とは別の棚に置いてあります。「どこが違うんだろう?」と比べてみるとパプリカの方が小ぶりなのが分かります。そして強いて言えば表面がツルっとしていることですが、これはイタリアのピーマンも小さめのうちはツルっとして、もう少し大きくなると若干軟らかめになるので、熟成度の問題だと思います。
日本と違って緑色のピーマンも入ったこの「パプリカ」についてスーパーのレジの女の子二人も会話していて「パプリカってペペローニとどこが違うの?」「、、わかんない」私の疑問は解決されませんでした、、。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.com

もっと見る

 CIMG1604

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>