ローマでアルゼンチンタンゴ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

7日間滞在してくださった日本のお客様から頂きました、鏡餅です。年末は30日から、1月の3日まで飾りました。てっきりプラスチックかと思っていたのですが、今日よく見たらちゃんと中身はお餅でした。どうやって食べればいいんでしょうねえ?バラして焼けばいいのかな、、?
今滞在してくださっている日本のお客様は「アルゼンチンタンゴ」というダンスをなさる趣味をお持ちで、毎晩各所で催されているダンス会場へ踊りに行かれています。毎日朝食の時に、昨夜集まった人たちとのダンスの様子をお聞きしているので、どんな踊りなのかUチューブか何かで見てみようと思っています!
私はダンスの事など何も分からないのですが、お話を聞くのはとても興味深いです。例えば「女性と目がジッと合えば誘いに行って良い」「目が合ってもいないのに誘いに行ってはいけない」
「目が合ったらすぐに誘いに行くか、あるいは目をそらして断るなど、速やかにスマートに反応するのがエチケット」
う~ん、無言の駆け引きみたいなのがあるんですねえ。こういうのを聞くとすぐ「なかなか誘われなくて壁際にジッと立つことになったりしたら悲しいなあ」と、悲観的な事を考えてしまうのはワタシだけでしょうか、、?
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1636

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>