配達の行方

このエントリーをはてなブックマークに追加

母から送られた荷物は「住所間違い」で、結局配達されてることなく、今日本に戻されています、、。同時期に、Wi-Fiのモデムがミラノから送られて来るはずだったのですが、それも「住所間違い」とやらで3度も保管庫に戻され、結局私が取りに行きました。皆が住所を書き間違えるんですか?!、、、と突っ込みをいれたくても、言う人が見つかりません。荷物を受け取る所にはお姉さんが一人だけ。責任者の様な人の影も形も見えません。
ただ、夕方だったので配達の車が次々と戻って来ていて、配達のお兄さんたちの横を通ってきたのですが、「あなたたち、ちゃんと配達して来たの?!」と心の中でつぶやくだけでした、、。

保管庫は地下鉄とバスを乗り継ぐ、ローマ郊外にあります。バス停からは歩いて10分ほど。周囲は同じような倉庫や会社の敷地が並んでいて人気が無く、冬は5時以降に歩くのは暗そうでちょっと、、、という様な所です。
よく「ローマはスリがいっぱいで怖い」という様なイメージがあると聞きますが「こういうローマ郊外を歩く方が怖い!」と思います。
carlo alberto houseへお問い合わせ、ご予約の方はこちらへどうぞ!mugikoharano@hotmail.comCIMG1650 CIMG1652

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>